スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日!・大隈老侯敬慕祭】そろそろ学内規制が限界だよね・・・@早稲田

こんにちは。こちら「勝手に集会(仮)」です。お久しぶりです。最近「ゆとり全共闘」というなぞの妖怪があたかも実体かのように全国を徘徊しているようですが、あくまで行為の積み重ねによるモンタージュが「ゆとり全共闘」なる名前を作るんだと思うのですね。「ゆとり全共闘」は誰かの所有物でも固定組織でもないでしょう。というわけで、「勝手に」使わせてもらいます。

さてさて、直前なのですが企画の告知を。明日12月10日(月)に早稲田大学では早稲田大学精神昂揚会というサークルが「大隈老侯敬慕祭」という企画を行うそうです。第1部は会の発表らしいですが、第2部では「いま、(早稲田)大学とは?」をテーマに議論を行うそうです。そして急にお声がかかり、何人かが登壇することになっています。

企画:「大隈老侯敬慕祭」
日時:明日!平成24年12月10日(月)17時〜(2部は18時頃より)
会場:早稲田大学大隈講堂(大講堂)
アクセス:東西線「早稲田」駅徒歩4分、JR高田馬場駅より徒歩20分・都営バス「早大正門行き」終点。
主催:早稲田精神昂揚会
参加費:無料


主なテーマとしては学内のサークル規制や学生自治のあり方、大学のあり方などです。以下企画書より。
・大学の規制強化は何故ここまで強まっているのか
・この国の大学生という存在は何か特別な属性を持つのか?
・公共圏としての大学、それはもはや有効性を失ったものなのか?
・大学生は規制された空間やライフスタイルを「取り戻す」のがよいか、新たなそれを「生み出す」ことがよいか、それとも……。
・大学生として、直面せざるを得ない社会問題と如何にかかわっていくべきか/いくことができるのか?


早稲田大学精神昂揚会では公募した不満を大学当局に提出したそうです。その回答を土台に議論を進めるとのこと。実際に影響を受けているサークルも登壇する予定です。早稲田ではサークル活動への締め付けがここ数年間でも強まってきているようで、実際締め付けを受ける事例が多数見られます。OBの目から見ても現在の早稲田は「異常」とのこと。学生生活に密接に関わる議論にもかかわらず、現状はほとんど議論もなく、大学当局側のいうがままになってしまっています。

そこで今回そのような現状を学生たち自身が考えてみるわけです。いわばこの企画は「学生集会」のようなものではないでしょうか(あくまで解釈です)。ぜひ皆さんとともに考えてみたいと思いますので、お時間があれば是非参加してみ下さい。

また、昼休みには企画の広報も兼ねて当会がアクションを起こすそうです。荒廃したキャンパスに新たな風を吹き込むのでしょうか。色んな人に見てもらいたいらしく、お時間のある方は昼休みにも大隈銅像付近にもきて欲しいようです。


以上直前ですが告知でした。

by sgmt
スポンサーサイト

多摩美イベント出演のお知らせ 【11月2日(金)】 明日です!!

こんばんは。

直前の連絡になってしまい大変申し訳ないのですが、多摩美術大学のイベントに出演する事になりましたので、お知らせ致します。

___________________________________________


遊撃型茶室カフェブリコラージュpresents
ゆとり全共闘 小沼克之さん・菅谷圭祐さんトーク
「表現行為としてのデモ活動と社会が要請する/感応する表現」について即興的に語る。

日程:11月2日(金)の午後13時開始を予定しております。
場所:多摩美術大学八王子キャンパス(京王相模原線橋本駅、JR横浜線橋本駅下車のち神奈公バス多摩美大行き「多摩美大坂上」下車、東門側よりお入りください。)


詳細はこちらのHPで。 http://cafebricolage.tumblr.com/


そうだ学園祭へ行こう! というわけで、明日金曜日は是非多摩美術大学の八王子キャンパスへ!

早大地下部室闘争 記録上映会

【`01.7.31 早大地下部室闘争 記録上映会】
・8/29(水)18時30分~
・フリースペース「りべるたん」にて
・当時のノンセクト学生活動家の解説&トーク!
・上映会の後は鍋を囲んで交流会☆
・「りべるたん」の場所が分からない人は、18時15分に神楽坂駅2番出口に来てください。迎えに参ります。

* * * * *

早稲田大学では、2001年に学生による大きな運動があった。地下部室闘争とか新学館闘争と呼ばれているものだ。 90年代までの早稲田大学のサークルスペースは、本部キャンパスの建物の地下倉庫などを学生が自主管理して使用していた。しかし大学当局がこのスペースを封鎖して新たに学生会館を建設しようとした。その新学生会館は全くひどい代物で、監視カメラはそこらじゅうにあり、カードキーがないと入れない、すべてが管理された空間だった。学生はこれに反対し、抵抗運動をした。

2001年7月31日、地下部室撤去の期限日。学生達はキャンパスに集まり、大学当局に抗議する。地下部室撤去を阻止するためにバリケードを築き、座り込んだ。

いまや早稲田大学は、まるでそんなことが無かったかのような顔をしている。
大学に自治があったこと、自治を守るための抵抗があったこと。その記録も記憶もない。それが今の早稲田キャンパスだ。

「その日」、何があったのか。
8月29日(水)18時30分から、神楽坂のフリースペース「りべるたん」にて、当時の記録映像を上映する。
見にきてほしい。知ってほしい。

自治と抵抗の記憶を、私たちの手に取り戻そう。

文責:人見 憂(早大3年)

明日は7・15大学解放デモ!!

ご無沙汰しております、ゆとり全共闘のせきです(´∀`)

明日はいよいよ7・15大学解放デモ!!
場所は新宿アルタ前広場に14時30分集合、
15時にデモスタートです。


東新宿の繁華街を抜け、明治通り、靖国通りを歩きます。
そして大ガードをくぐり、小滝橋通りを経由して最後は柏木公園にゴール。

終了後は、柏木公園での交流会を予定しています。

お一人様でも大歓迎ですので、ぜひお越しくださいませ!
当日は暑くなることが予想されますので、熱中症対策、水分補給などをお忘れなく。


さて、今回歩く新宿という街ですが、あまり「大学街」というイメージはありませんよね。

しかし、大学における問題は、大学のみならず広く社会全体に関わる問題であると私たちは認識しています。

大学生や、高い学費を払っている親御さん、教授、大学生を雇っていく企業の方々。
あらゆる人々が集う新宿という場所において、大学の問題を訴えていく価値は高いと考えます。


大学問題を訴えるため、一緒に歩きましょう!
明日、新宿へ!!


文責:せき

アルタ前へ!


明治学院大学キャリアセンター、佐藤課長はこう話します。

「4年の就活が厳しいという現状があり……」「……全国学生は、新自由主義体制の生み出す虚的な競争とそれらの動きに並列して行われる“大学改革”に対して粛々と反対し、また決起する以外に道はない。」
「全国学生は鉄の連帯を組んで、資本によるキャンパス侵食=就職予備校化を阻止し粉砕せよ!!

我々は、満身の怒りを込めてあらゆる学友に呼び掛ける。
7・15闘争を最大集約点と位置付け、大学解放デモを圧倒的に貫徹しよう!!!」




…………7月15日は、アルタ前へ(☆∀☆)

佐藤課長……………マッテル……………。






白石比呂志
プロフィール

全国学費奨学金問題対策委員会

Author:全国学費奨学金問題対策委員会
7月14日(日)にデモを行うに当たり、ゆとり全共闘のブログを一時的にジャック!!
高い学費、借金でしかない奨学金に抗議をし、するために7月14日(日)にデモを行います。
学費無償化、給付制奨学金の実現に一声あげましょう。

リンク
カウンター
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。