スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回ゆとり首脳会談終わりました

第三回ゆとり首脳会談終わりました。
当日の写真を何枚か上げます。


ゆとり全共闘のイベントではお馴染みのUST放送
Ustream


左から森田さん、杉本さん、菅谷さん、宮内さん


ゆとり全共闘早稲田派


議論白熱中

以上 なべこ
スポンサーサイト

「第三回ゆとり首脳会談~2011年学生運動の失敗~」の記録

5月27日に行われた「第三回ゆとり首脳会談~2011年学生運動の失敗~」の映像とtogetterを残しておきます。


内容をがっつり知りたい方はこちらがオススメ
第三回ゆとり首脳会談映像

雰囲気をさくっとつかみたい方はこちらがオススメ
第三回ゆとり首脳会談togetter

検索していたら第一回のトゥギャリも出てきた、懐かしいw ついでに
第一回ゆとり首脳会談togetter


放送に関わった皆様お疲れ様でした、ご視聴いただいた(これからご視聴いただける)皆様ありがとうございます。ゆとり全共闘は永久は無理だと思いますが、もうしばらくは不滅だと思います。今後ともよろしくお願いします。


菅谷

第三回ゆとり首脳会談について

最近、後輩から老害とチクチクやられる菅谷です。僕も昨年度できっちり大学を卒業できていた方が周辺の平和と幸福のためにも良かったと思います。

今回、わたくし菅谷が第三回ゆとり首脳会談~2011年学生運動の失敗~をやりましょうと各人に呼びかけたのですが、その理由について簡単に長くならない程度に記したいと思います。


まず端的な事実として、2011年に勝手に集会・就活生組合・ゆとり全共闘などが結成され、それぞれの団体の目的達成のために、デモをしたり、イベントに出演したり、大学で直接行動を取ったり、取材を受けたりと、多くの行動をとりました。
しかし、2012年現在、学内で勝手に集会が出来るようになったわけでも、就活の状況が改善されたわけでも、学費が安くなったわけでもないですが、上記3団体およびその他の昨年に結成された団体は、ほとんど沈黙を続けています。


なぜ全ての団体で共通してこのようなことになってしまったのか?


このことは過去を見ても同様の傾向を見ることができます。


僕たちと同じノンセクト(どこの党派にも属していない)で、過去10年ほどのスパンで見たときに最も有名なのは、「貧乏くささを守る会」系だと思います。HPをご覧いただければわかりますが、今の大学では想像できないようなほどの規模と行動を取っています。


しかし、現役の学生はご存知のように「貧乏臭さを守る会」は、大学に残っていません。そして、現在首都圏の大学は箱物校舎が乱立し、再整備も進み、「貧乏臭さ」のようなものはほとんど感じることがありません。


わかりやすい例で「貧乏臭さを守る会」をあげましたが、他のノンセクトの団体を参照しても、継続性を持てない傾向が強いように思います。数人のスターやカリスマ、あるいは自己犠牲の精神の強い人が根幹を支え、その根幹がいなくなった後は、自然消滅ということを繰り返し続けているのではないかというのが個人的な分析です。
そして、その間に大学の学費は上がり、就職活動は殺人的になり、学内規制は破滅的に進みと、どんどん学生にとっては悪い方向へ悪い方向へと進んでいます。


いいかげんにこの歴史を断ち切ったほうがいいのではないか、活動の火が大きくなることや小さくなることがあるにせよ、継続的に粘り強く、問題に取り組めるような方向へと歴史を進めた方がいいのではないかと、最近僕は思うようになりました。それが今回の座談会を組もうと思った最大の動機です。


そのために、それぞれの組織の創設を行った人の声を集約したいと思います。
直接的に誰かの今後に参考になるかもしれないし、あるいは将来誰かが見て反省を活かしてくれるかもしれない、それはあくまで可能性の問題ですが、例え老害と罵られようともやらないよりはやった方が良いと判断しました。

以上、最初に長くならないようにと記しましたが、意外に長くなってしまいました、ごめんなさい。
放送は2012年5月27日20時からです。よろしくお願いします。

第三回ゆとり首脳会談
~2011年学生運動の失敗~

2011年、学生運動は長い沈黙を破り、わずかながら復活した。
法大飲酒闘争、早大勝手に集会を発端に、各大学へと広がりをみせ、就活生組合、ゆとり全共闘などの大学を横断した組織も誕生した。
しかし、2012年それらの運動は沈黙を続けている。
2011年、学生からの社会変革を目指し、何を残せたのか、何ができたのか、何をしたかったのか。当事者の自己批判から未来への反省を残したい。

出演
sgmt chuya(勝手に集会創設メンバー)
菅谷圭祐(ゆとり全共闘創設メンバー)
宮内春樹(就活生組合創設者)

司会
森田悠介(勝手に集会創設メンバー)

2012年5月27日20時~
放送URL
http://ustre.am/KQT5



文責 法大学6年 菅谷圭祐

第三回ゆとり首脳会談のご案内

こんにちは、法政大学6年の菅谷です。

皆様の圧倒的支援もむなしく、大学6年生になってしまいました。両親に泣きながら謝罪の電話をし、正座しながら謝罪の手紙を書いて速達で実家に郵送しました。二度目の留年は逮捕されるよりも親不孝。このブログを見ているご学友の皆様、どうか留年は一度ですむように単位設計を計画的に行いましょう。



僕の留年の話はここまでにして、27日 日曜日20時(予定)より第三回ゆとり首脳会談を行うことになりました。
※過去の放送
第一回ゆとり首脳会談~どうすれば日本でも暴動が起きるのか~
第二回ゆとり首脳会談~どうなる!? 2011年就活デモ~

※過去の写真
DSC_0365.jpg


そして、第三回の放送内容ですが、以下を予定しています。

第三回ゆとり首脳会談
~2011年学生運動の失敗~

2011年、学生運動は長い沈黙を破り、わずかながら復活した。
法大飲酒闘争、早大勝手に集会を発端に、各大学へと広がりをみせ、就活生組合、ゆとり全共闘などの大学を横断した組織も誕生した。
しかし、2012年それらの運動は沈黙を続けている。
2011年、学生からの社会変革を目指し、何を残せたのか、何ができたのか、何をしたかったのか。当事者の自己批判から未来への反省を残したい。

出演
sgmt chuya(勝手に集会創設メンバー)
菅谷圭祐(ゆとり全共闘創設メンバー)
宮内春樹(就活生組合創設者)

司会
森田悠介(勝手に集会創設メンバー)

2012年5月27日20時~
放送URL
http://ustre.am/KQT5




この放送を行おうと思った理由はいくつかあるのですが、記事が長くなりすぎるのも良くないので、今回はイベントの紹介のみにとどめておきます。放送の理由は近日中に別記事で記します。

何はともあれ27日 日曜日です! 皆様よろしくお願いします。
プロフィール

全国学費奨学金問題対策委員会

Author:全国学費奨学金問題対策委員会
7月14日(日)にデモを行うに当たり、ゆとり全共闘のブログを一時的にジャック!!
高い学費、借金でしかない奨学金に抗議をし、するために7月14日(日)にデモを行います。
学費無償化、給付制奨学金の実現に一声あげましょう。

リンク
カウンター
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。