スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、大学がおかしい

タイトルに"今"とつけたが、これは今に始まったことではない。グローバリゼーション下において、様々な大学改革が行われおかしくなった結果が今、だ。
この大学改革の問題点は、主に三つに分けられる。それは、学生の主体性を剥奪するほど強化された学内規制、早期就活の斡旋、他国に比べたらマシかもしれないが、それでも高いと思わざるを得ない高額な学費…だ!そして、おかしさは地続きで、前からおかしかったし、今後更におかしくなっていく。これは絶対に、だ。
また、昨今、大学は就職予備校と揶揄されているが、最近は就職予備校としてすら機能しなくなった。もはや、大学はただの巨大なハコと通路の密集地に過ぎず、過去の価値観に縛られた職の当てのない若者が続々と入って出て行くだけの場所となった。本当に、そんな場所だ。そこに学問は前からなかったし、今は職もなく、何もない。
例えば、私の通う東洋大学は今年で創立125周年を迎え、125年祭と称して、芸能人を呼び、くだらない祭り事をやるようだ。また、来年には超巨大なビルにしかみえない、ガラス張りの新校舎が誕生する。これのどこが大学なのだろうか?なぜ、大学に芸能人のお祭りや、巨大なビルにしかみえない、高設備の建物が必要なのか?そんなものは、高い授業料を支払ってまで必要だとは思えない。こんなのは、ちゃんちゃらおかしい!大学は125年間、一体何をしてきたのか?私は問いたい。なぜ、グローバリゼーションにのせられて、おかしくなるしかないのか。

↑大学は125年間何をしてきた?の横断幕。垂らして30分もたたないうちに撤去されてしまったようだ。



↑125周年を祝う大学の広告のようなものは許される。

なべこ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

全国学費奨学金問題対策委員会

Author:全国学費奨学金問題対策委員会
7月14日(日)にデモを行うに当たり、ゆとり全共闘のブログを一時的にジャック!!
高い学費、借金でしかない奨学金に抗議をし、するために7月14日(日)にデモを行います。
学費無償化、給付制奨学金の実現に一声あげましょう。

リンク
カウンター
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。