スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の学費は適正価格?

私たちは3月20日に「大学取り戻せデモ」を行います。
このデモは、大学における学内規制・学費・就職活動が、大学生の活動を著しく制限する不当なものであると抗議するものです。
(主張についての詳細はこちらの記事をご参照ください)

先日3月9日には学内規制についての勉強会を行いました。

次は学費の勉強会を予定しております。
私たちの内部での理解を深めることが第一次的な目的ですが、
誰でも参加/観覧できる公開の場にすることで、より多様性のある勉強会にしたいと考えています。

さて、大学の初年度納入金は文科系の私立大学で平均約120万円、医科歯科系なら約840万、国立大学でも約80万円ほどです。
約20~30万円が入学金なので、次年度からはその分が安くなるとはいえ、それでもかなり高いです。

しかし高い高いと言われつつも、状況は依然として変わらないし、変わる気配もありません。

大学の学費は「教育サービス」の対価として適正価格とみなされているからでしょうか。
それとも、「大卒」の称号の適正価格?
そもそも、大学の学費は需要と供給の均衡価格に設定すればよいものなのでしょうか。

疑問は次々と沸いてきます。

この勉強会では大学の学費の在り方、さらに大学と社会の関係の在り方について議論します。

ご参加お待ちしております。

<学費問題研究 ~どうして高いの大学学費~>(仮名称)

【日にち】 2012年3月17日
【時間】 14時~16時
【場所】 明治学院大学 白金校舎 2302教室 (アクセス
【内容】 ディスカッション形式での勉強会
テーマ(仮)
・大学の学費が高いために起こる問題
・学費を安く、あるいは無料にしないのはなぜか

【ネット中継】 ユーストリームでの中継を予定しています。ブログ・ツイッターでの続報お待ちくださいませ。



ツイッター:@penguinlegs
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

全国学費奨学金問題対策委員会

Author:全国学費奨学金問題対策委員会
7月14日(日)にデモを行うに当たり、ゆとり全共闘のブログを一時的にジャック!!
高い学費、借金でしかない奨学金に抗議をし、するために7月14日(日)にデモを行います。
学費無償化、給付制奨学金の実現に一声あげましょう。

リンク
カウンター
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。